意外なとこにあった風俗店

自己責任なら突き詰める

風俗は自己責任。そんなこと言われなくとも誰もが分かっていることだと思うんですよね。つまりは自己責任である以上、周囲のことなんて気にしないで自分の好きなように楽しめればそれで十分なんじゃないかなって思うんですよ。むしろ自己責任なら、自分の好きなように、思ったように楽しむ。それだけで十分なんじゃないかなと。だから風俗では他の誰かを気にしたり、遠慮したりをするのではなくて自分の好きなようにとことん遊びたいって思っているんです。むしろそうじゃないと勿体ないじゃないですか。それってやっぱり風俗の醍醐味でもあるし、むしろそうやって自分なりに好きなように楽しんでこそ、よりバリえーしょにゅ高な時間を楽しめるんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗は自己責任である以上、自分なりにいろいろなことを楽しんで、もっともっと自分の好きなように楽しんでいければ良いかなって思っています。これこそ、楽しみと言えるでしょう。

そんな所にもセンスを感じる

先日遊んだ風俗嬢、とってもセンスを感じさせてくれる女の子だったんですよ。何が素晴らし言って、ローションの量です。風俗でローションを使っていると分かると思うんですけど、ローションって量によってこちらの快感が全然違うじゃないですか。少ないとイマイチだし、かといって多すぎるとそれはそれで面倒じゃないですか。だからこそ、適量というのが適しているんですけど、でもこれは男のことを分かっていないと分量がかなり難しいと思うんですよ。彼女はそれがまさにピッタリだったんです。だから本当に上手だなって思ったんですよね。少なすぎず、かといって多すぎず。そんな量を楽しめました。あれこそまさに彼女の腕前そのものだったと思うんですよね。ローションっていろんな楽しさがあると思うんですけど、風俗ってローション以外にもいろんな楽しさが待っていると思うので、もっともっとより一層楽しむことが出来ればそれがベストなんじゃないかなって思いますよ。思いますね。